YOUR STYLE with Fissler | 玄米ご飯
ほっこりおいしい毎日のおかず
玄米ご飯

玄米ご飯

玄米を炊くなら圧力鍋が断然おすすめ。
もっちりとやわらかく、深みのある味わいに、玄米の印象が一変します。

【加圧時間】

加圧時間
調理時間:40分
下ごしらえから、調理完成までの目安時間です。
圧力調理の場合、加圧時間のほかに圧力がかかるまでの時間、余熱調理として圧力が下がるまでの時間も含みます。※圧力がかかるまでの時間や圧力が下がるまでの時間は、材料の分量が多いほど長くなります。

【材料(4人分)】

玄米3合
3½カップ(700ml)

【作り方】

  1. 玄米はさっととぎ、ざるにあげて水気をきる。

  2. 圧力鍋に玄米を入れ、分量の水を注ぎ、フタを閉める。

  3. 取っ手のロックを確認し、メインバルブを3(高圧)にセットして強火にかける。圧力表示の緑のラインが見えたらごく弱火にし、緑のラインを保ちながら、20分加圧する。

  4. 圧力表示が完全に下がったらフタを開け、玄米の粒をつぶさないよう、上下を返してほぐす。

    玄米ご飯工程

圧力鍋を使った炊飯では、白米、もち米、玄米も浸水は不要です。それぞれの加圧時間や水加減は下の表を参考に、米の種類や時季、お好みによって加減してください。

分量加圧時間
白米(浸水なし)白米3合
水2⅔カップ
*米と同容量
高圧3分
中圧4分
低圧5分
自然放置
玄米(浸水なし)玄米3合
水3½カップ
*玄米の1.3~1.5倍の容量
高圧20分
中圧25分
低圧30分
自然放置
もち米(浸水なし)もち米3合
水2カップ
*もち米の0.9倍の容量
高圧3分
中圧4分
低圧5分
自然放置

※圧力鍋で白米を炊いた場合、ご飯がグレーになることがあります。これは米に圧力がかかったことによって、米のアルファ化より先にご飯が炊きあがることによっておこる現象です。味や栄養に問題はありません。

お米の調理は圧力鍋の得意技

お米の調理は圧力鍋の得意技

圧力鍋を手に入れたら、絶対にチャレンジしてほしいのが、お米を炊くこと。浸水時間ゼロで炊飯を開始できることもあり、炊飯器よりも断然早く、もちもちのおいしいご飯が炊けるのです。パサつきがちな玄米や、時間のかかるもち米も圧力鍋で炊くのがおすすめです。シンプルなご飯だけでなく、季節の具材をたっぷり入れた炊き込みご飯や、お粥、リゾット、パエリアなど、さまざまなお米料理を手軽に楽しめます。