正しく、シンプルに焼き上げる

 

3つのポイントをおさえれば大丈夫

食材を上手に焼き上げる、または炒めるためには3つの重要な要素があります。 すなわち「適切なフライパン」「適切な調理法」そして「適切な油分」です。

これ以上簡単なことはありません

焦げ付かないようにやさしく食材を炒めるには、ノンスティックコーティングされたフライパンを使います。
例えば「アダマント」「カントリー」「アルックス」「セニット」ラインのフライパンと、少量のオイル、そして正しい方法で炒めることです。

1.ペーパータオルに3、4滴のオイルをたらしてフライパンに油を塗ります。

2.中火(最高温度の3分の2程度)で温めます。フライパンが高温度になりすぎないよう注意してください。

3.必要に応じて油を足します。(これは炒め料理に香り付けをするためです。)

4.材料をフライパンに入れてまんべんなく炒めます。お好みの焼き、炒め加減の少し手前で火を止めます。

長く使っていただくためには、できるだけプラスティックや木製のキッチン用具を用いて、ナイフや尖ったもの、メタル製のものは避けてください。引っかき傷をつくったり、コーティングをはがしてしまうようなクリーナーでは洗わないようにしましょう。フッ素加工フライパンの洗浄は、お湯で洗い流すだけで充分です。

コーティングフライパン一覧はこちら

表面をカリッとクリスピーに焼き上げるには

食材を手早くクリスピーに焼くためには、高温に熱することができるフライパンが必要です。例えば、ステンレス製の「プロコレクション」「クリスピー」「カターニャ」ラインが良いでしょう。

ステンレスフライパンを使用する際は、油の膜をつくって から調理に入ると、素材が焦げつかず、本来の甘味や 旨味をそのままに楽しめます。

<使用方法>

まず調理の前に濡れ布巾を用意します

1.何も入れない状態で3~4分ほど中火にかけます。

2.フライパンに水を数滴落とし、落ちた水滴が鍋の上で玉のように転がるまで熱します。

3.2の状態になったら火を止め、油を入れキッチンペーパーなどで全体になじませます。(ステーキなど脂のある食材は、そのまま入れます。)

4.3を約10秒ほど濡れ布巾にのせ、温度を下げます。

5.再度油をなじませ、料理に応じて、中火~とろ火で調理をはじめます。

6.食材がくっついても慌てず、2、3分で軽く剥がれるようになったら材料をひっくり返します。フタを使うとより早く火が通ります。

ステンレスフライパン一覧はこちら