YOUR STYLE with Fissler | 3種のあんこ
自分にご褒美スイーツの世界
3種のあんこ

3種のあんこ

定番のうぐいすあん、白あんと、黄色が可愛いレンズ豆あんの炊き方をまとめて紹介します。

【加圧時間:黄色レンズ豆、えんどう豆】

黄色レンズ豆、えんどう豆加圧時間

【加圧時間:白いんげん豆】

白いんげん豆加圧時間
調理時間:20分
下ごしらえから、調理完成までの目安時間です。
圧力調理の場合、加圧時間のほかに圧力がかかるまでの時間、余熱調理として圧力が下がるまでの時間も含みます。※圧力がかかるまでの時間や圧力が下がるまでの時間は、材料の分量が多いほど長くなります。

【材料:作りやすい分量】

<黄色レンズ豆あん>

黄色レンズ豆200g
3カップ
砂糖200g

<うぐいすあん>

えんどう豆(実)200g
2カップ
砂糖200g

<白あん>

白いんげん豆200g
3カップ
砂糖200g

【作り方】

<黄色レンズ豆あん>
  1. 黄色レンズ豆はさっと洗って水気をきり、圧力鍋に入れひたひたの水(分量外)を注いで中火にかける。煮立ったら2分ゆでて湯を捨てる。

  2. 分量の水を注ぎ、蒸し器を落としブタ代わりにのせてフタを閉める。

    3種のあんこ工程

    ※付属の蒸し器を落としブタ代わりに使って加圧すると、皮が破けず、仕上がりがきれいです。

  3. 取っ手のロックを確認し、メインバルブを3(高圧)にセットして強火にかける。圧力表示の緑色が見えたらごく弱火にし、緑色のラインを保ちながら、7分加圧する。火を止め、フタを閉めたまま自然放置する。

  4. 圧力表示が完全に下がったらフタを開ける。

  5. 蒸し器を取り出して中火にかけ、煮立ったら弱火にし、砂糖を少しずつ加えながら混ぜ、水分がなくなるまで煮る。

    3種のあんこ工程

    ※砂糖を数回に分けて加え、少しずつ豆に甘みを含ませることでふっくらと仕上がります。

<うぐいすあん>
  1. えんどう豆はさっと洗って水気をきり、圧力鍋に入れ、分量の水を注ぎ、蒸し器を落としブタ代わりにのせてフタを閉める。

  2. 取っ手のロックを確認し、メインバルブを3(高圧)にセットして強火にかける。圧力表示の緑色が見えたらごく弱火にし、緑色のラインを保ちながら、7分加圧する。火を止め、フタを閉めたまま自然放置する。

  3. 圧力表示が完全に下がったらフタを開ける。

  4. 蒸し器を取り出して中火にかけ、煮立ったら弱火にし、砂糖を少しずつ加えながら混ぜ、水分がなくなるまで煮る。

<白あん>
  1. 白いんげん豆はさっと洗って水気をきり、圧力鍋に入れひたひたの水(分量外)を注いで中火にかける。煮立ったら2分ゆでて湯を捨てる。

  2. 分量の水を注ぎ、蒸し器を落としブタ代わりにのせてフタを閉める。

  3. 取っ手のロックを確認し、メインバルブを2(中圧)にセットして強火にかける。圧力表示の緑色が見えたらごく弱火にし、緑色のラインを保ちながら、9分加圧する。火を止め、フタを閉めたまま自然放置する。

  4. 圧力表示が完全に下がったらフタを開ける。

  5. 蒸し器を取り出して中火にかけ、煮立ったら弱火にし、砂糖を少しずつ加えながら混ぜ、水分がなくなるまで煮る。

  6. 5をざるで裏ごしをする。

あんこや甘い煮豆をふっくらと炊くコツは、砂糖を数回に分けて加え、少しずつ豆に甘みを含ませることです。砂糖を一度に全量入れると、浸透圧によって豆の水分が一気に出てしまい、皮が破けたり、煮崩れが起こったりすることもあります。