Avocadorisotto mit Limette und geschmorten Balsamicozwiebeln

メインディッシュ | 4人分

ほうれん草とシュプフヌーデルン

65分

4人分

難易度

材料

シュプフヌーデルン​

  • ジャガイモ 1kg
  • 小麦粉 125g​
  • コーンスターチ 大さじ2
  • 卵 1個​
  • 塩胡椒 適量​
  • ナツメグ 適量​

ほうれん草ソース​

  • バジル​
  • レモン 1個​
  • ニンニク 1片​
  • パルメザンチーズ 40g
  • 新鮮なほうれん草 300g
  • リコッタチーズ 100g
  • オリーブオイル 大さじ2
01

ジャガイモを洗い、塩を加えた水で20分ほど煮込みます。湯切りをし、水分を飛ばしてから、皮をむき、熱いうちにスライサーでスライスします。次に、約60分間おいて、完全に冷ます。小麦粉125g、コーンスターチ大さじ2、卵1個、塩小さじ1、ナツメグ1つまみを加える。すべてを混ぜ合わせて、固く滑らかな生地を作り、約20分生地を寝かせる。​
薄く広げた小麦粉の上で、生地を指の太さ程度のロール状(それぞれ長さ30cm)にしたのち、長さ5〜6cmに切り、先端を尖らせシュプフヌーデルンを成形する。​

02

ほうれん草を洗い、ザルでよく水気を切る。バジルを洗い、水けをきって乾かし、大き目のみじん切りにする。レモンをよく洗い、皮を細かくすりおろしてから汁を絞る。にんにくは皮をむいて細かく刻み、パルメザンチーズをすりおろす。
セラタル コンフォートに大さじ1のオリーブオイルを熱し、シュプフヌーデルンに軽く焼き目が付いたら、フライパンから取り出してよけておく。
残りのオリーブオイルを加え、にんにくを軽く炒める。ほうれん草を加え、しんなりするまで1〜2分炒める。次に、火から下ろし、リコッタチーズ、すりおろしたレモンの皮大さじ1、レモン汁大さじ2、パルメザンチーズの2/3を加える。​​
シュプフヌーデルンをフライパンに戻し入れ、ほうれん草に加える。よく混ぜて塩胡椒で味を調える。​​
お皿に盛り付ける際、残りのパルメザンチーズを振りかけ、バジルの葉で飾る。​

フィスラーからのアドバイス:

  • まだ熱いうちにジャガイモを皮をむいてつぶします。小麦粉やその他の材料を加える前に、よく冷ましてください。生地は20分以上寝かさないでください。生地がべたつくようになります。​
  • ジャガイモが粉っぽい場合は、小麦粉の量を減らし、卵黄は1つにして調整してください。​
  • にんにくは中火で炒めてください。炒めすぎるとにがくなることがあります。​
  • パルメザンチーズは冷やすとすりおろしやすくなります。​