フィスラー公式オンラインショップ
安全なお支払方法
11,000円(税込)以上のご注文で送料無料
デザインと品質で数々の賞を受賞
Steak Header フィスラーでステーキを楽しむ

完璧なステーキを焼きましょう

田舎風料理から洗練された料理まで、お肉にはさまざまな調理方法があります。お肉にこだわりのある人の中には、単にグリルで焼いたステーキだけが好きという人もいます。お肉本来の味が、高級なロースト風味を生み出すからでしょう。完璧なステーキを焼くには、お肉の品質と調理スキル、そして適切な用具が必要です。これらが揃えば、ご自宅でプロのようなステーキを焼くことができます。

まずはフライパンから

ステーキや串焼き、チキンカツを焼くときは、ステンレス製のフライパンが最適です。正しい方法で焼き上げると、外はカリカリ、中はジューシーに仕上がります。

ステーキを柔らかく、ジューシーに仕上げる

ステーキを美味しく食べるには、肉質が重要なポイントになります。また、フライパンと油を十分に熱し、ステーキを最初に炙ることも重要です。こうすることで表面のたんぱく質が凝集し、ステーキから出る肉汁がその皮に閉じ込められる。肉汁を逃がさないために、ステーキを裏返すときは、絶対に穴を開けてはいけません。

適切な調理ポイント

およそ、肉の厚み1センチあたり1分ほど焼きます。肉の焼き上がり具合を確かめるには、フライ返しで軽く肉を押し、弾力性がある=レア; 軽い反発力がある=ミディアム; しっかりとしている=ウェルダン となります。


重要:ビーフステーキをレアやミディアムで食べるのが人気ですが、豚肉、子牛、鶏肉、ひき肉ステーキなどは、十分に加熱調理する必要があります。