フィスラー公式オンラインショップ
安全なお支払方法
11,000円(税込)以上のご注文で送料無料
デザインと品質で数々の賞を受賞

2-pan cooking のすすめ

正しく、シンプルに焼き上げるためには、3つのポイントをおさえれば大丈夫。

食材を上手に焼き上げる、または炒めるためには3つの重要な要素があります。 すなわち「適切なフライパン」「適切な調理法」そして「適切な油分」です。2-pan クッキングの詳しいプロセスをご紹介します。


ステンレスフライパンのヒント

手早く、クリスピーに

赤身の肉や鶏肉といった食材を手早くクリスピーに焼き上げたい場合、高温まで熱する事ができるフライパンを使用します。

表面をカリッとクリスピーに焼き上げるには

食材を手早くクリスピーに焼くためには、高温に熱することができるフライパンが必要です。ステンレス製の「オリジナル プロフィ コレクション」「スティルックス プロ」「カターニャ」ラインが良いでしょう。

ステンレスフライパンを使用する際は、油の膜をつくって から調理に入ると、素材が焦げつかず、本来の甘味や 旨味をそのままに楽しめます。

 

<使用方法>
  1. フライパンに何も入れない状態で中火にかけ、3~4分ほど熱します。
  2. 水を数滴落とし、落ちた水滴が玉のように転がるようになったら火を止め、油を入れキッチンペーパーなどで全体になじませます。
  3. いったん濡れ布巾の上に10秒ほど置いて、温度を調整しましょう。
  4. 調理に必要な油を追加し、料理に応じて中火~とろ火で調理をはじめます。
ポイント
  • 落とした水滴がジュッと音を立てて蒸発する場合はまだ早いです!もう少し熱しましょう。
  • ステーキなど脂のある食材は、油をひかずにそのまま入れます。
  • 焼きはじめに食材がくっついても慌てない!2~3分待って、焼き目がつけば軽く剥がれます。フタを使うとより早く火が通ります。
ステーキの場合

2の水滴が転がる状態になったら、油は入れずに、弱火にして肉を入れます。フタがある場合はフタをしてください。

すぐにひっくり返さずに、しばらくして肉のまわりに脂が出て、色が変わってきたら返してください。焼き目がつけばきれいに返せます。

 

ホットケーキ、薄焼きたまごの場合

4のあと、トロ火で調理します。続けて焼く場合は、キッチンペーパーに残った油を塗ってから焼いてください。

 

餃子の場合

4のあと、餃子を並べ中火にかけます。

表面に焼き目がついたら、水を大さじ3~5入れてフタをします。

中火~弱火で約3分焼いたあと、最後にフタをあけ水分を飛ばして、表面をカリッと仕上げます。

 

ステンレスフライパンのお手入れ方法

調理での使用後はスポンジを使用して食器用中性洗剤で洗い、水気を切って乾燥させてください。鍋が温かいうちに洗うと汚れ落ちもスムーズです。

詳しくはこちら

 

 

関連動画

コーティングフライパンのヒント

やさしく、ふっくらと

卵料理、炒めたポテト、パン粉をまぶした料理や魚など、軽くふっくらと焼き上げる場合、ノンスティックコーティングをしたフライパンを使用するのが一番です。フィスラー独自のフッ素コーティングによって食材の焦げ付き、こびりつきを防止します。

これ以上簡単なことはありません

焦げ付かないようにやさしく食材を炒めるには、ノンスティックコーティングされたフライパンを使います。
例えば「アダマント」「レヴィタル+」「セラタル」「セニット」ラインのフライパンと、少量のオイル、そして正しい方法で炒めることです。

 

<使い始め>
サイズの合ったフライパンを使う:ジャストサイズで約3倍長持ち!

食材がのっていない部分は空焚きと同じです。

料理の分量にあったフライパン・鍋を使用する事で空焚きを防ぎ、長くお使いいただけます。

 

空焚きしない:おすすめは低温スタートまたは水を沸騰させる方法

食材を入れてから弱火にかけ、油を後から回しかける方が実はおすすめ。

油はひいてから調理するより上から回しかけた方が全体に行き渡り、野菜炒めはシャキシャキに、お肉は柔らかく、チャーハンもパラパラに仕上がります。

予熱してから使いたい場合は、底一面に広がる程度の水を入れ、フツフツと沸騰してきたらお湯を捨てて調理を始めると、空焚きや過加熱の予防になります。

 
<使用中>
基本は中火以下:強火は仕上げの30秒だけ

熱伝導と熱効率に優れたフィスラーのフライパンは、中火以下でお使いいただけます。

強火は仕上げの20~30秒で充分です。

※電磁(IH)調理器によっては、スイッチを入れると最大の温度設定になる場合があります。スイッチを入れた後、直ちに「弱」~「中」に切り替えましょう。

 

木製またはシリコン製の調理器具を使う

コーティングはキズに弱いので、金属製の調理器具や先端が鋭利な調理器具は避けましょう。

 

 

<使用後>
すぐに冷水を入れない・浸けない:十分冷ましてから洗浄します

急激な温度変化はコーティングの大敵。使用後は自然に冷めてから洗いましょう。

 

料理を入れっぱなしにしない:調理後はすぐにお皿に移しましょう

料理の油脂が長時間残ると、コーティングが劣化する原因になります。調理後はすぐ皿容器に移しましょう。

 

柔らかいスポンジで優しく洗う:ときどきお湯を沸かすのもおすすめ

お手入れの際は、スポンジの柔らかい面でやさしく洗いましょう。金属製や硬いナイロン製の洗浄器具、磨き粉はコーティングを傷つけることがありますので使用しないでください。表面に残った油脂を溶かすために、ときどきお湯を沸かしたり、茹で物をするのもおすすめです。

 

詳しくはこちら