ステンレス製鍋の取り扱いとお手入れ

ステンレス製の鍋やフライパンは機能的に優れたポイントがたくさんありますが、見た目もその魅力の1つ。​
美しくスタイリッシュなキッチンを演出するためにも、ステンレス製品を長くご愛用いただけるお手入れ方法をご紹介します。​


初めてご使用になる前に:
新品のステンレス製品は、製造時の研磨油などがついているため、ご使用前にかならず食器洗剤とお酢をつけて洗ってからお使いください。製品についている磨き油をとることで油焼けしずらくなります。

中も外も底も拭きとるように洗うのがポイント。詳しい方法は動画をご覧ください。​


普段のお手入れ:
調理での使用後はスポンジを使用して食器用中性洗剤で洗い、水気を切って乾燥させてください。鍋が温かいうちに洗うと汚れ落ちもスムーズです。

油焼け・黄ばみ・変色などのお手入れ:
専用のステンレスクリーナーの使用をお勧めします。​
丸めたラップなどにステンレスクリーナーを少量つけ、乾いた鍋を磨きます。ミラー仕上げの鍋の場合、タオルや布巾など柔らかい素材で磨いてください。​

​ 鍋底は円を描くように、側面は横に、鍋肌に沿って磨きます。​
磨き終わったら、ステンレスクリーナーを水で洗い流した後、食器用中性洗剤で洗い、水気を切って乾燥させてください。​

ケア製品はこちら

お手入れ前

お手入れ後

焦げついたときのお手入れ:
金属のヘラなどで無理にこそぎ落とさないでください。​
鍋が熱いうちに、焦げつきが浸る程度の水を沸騰させしばらく放置し、焦げついた部分をゆるめた後、磨いてください。​
さらにひどい焦げつきには、水に酢を混ぜて「焦げつきが柔らかくなるまで煮立たせる→放置」を何度か繰り返します。​

​ それでも落ちない場合は、専用のステンレスクレンザーを使用し、金たわしやスチールウールで鍋肌に沿って磨いてください。​
※ミラー仕上げの部分は傷になりやすいのでご注意ください。​

​ クリーナー・クレンザーを使用する際は水を加えず、乾いた鍋にお使いください。また、保護用の手袋などの使用をおすすめします。​


熱しすぎに注意:
お鍋は、オイルを入れて高温で熱し続けないようにしましょう。
熱し過ぎると、鍋底が金色に変色することがあります。この変色によって鍋の機能に影響はありませんが、極端な熱しすぎは鍋底を傷めることになります。熱しすぎた場合、鍋をコンロからおろさないでください。慌てておろすと、火傷を負ってしまうことになりかねません。コンロの火を止めて、鍋が冷めるのを待ってください。

塩を使った調理の場合:
冷たい水に塩を加えないでください。お湯が沸くのを待ち、塩を入れてかき回します。水の段階で塩を加えると、鍋底に塩が高い濃度で沈澱し、鍋底にシミができることがあります。このシミは鍋の機能には影響しませんが、落とすのが困難です。

ステンレス製の取っ手:
ステンレス製の取っ手がついた鍋は、オーブンでの使用も可能です。

安全のために:
熱したオイルがふきこぼれたり飛び散ったりして火傷を負うことがないように、揚げ物をする際は、常に深さのある鍋を使用して、油を半分以上入れないようにします。フタは使用せず、熱しすぎないようご留意ください。(油の最高温度は200度です)

フタに関するご注意:
フィスラーのほとんどの鍋は、無水調理も可能な密封性の高い製品です。調理中、鍋本体とフタの間に水蒸気が水の膜となって付着し、この膜により無水調理が可能となります。調理後、フタをしたまま放置しますと、フタが圧力作用で開かなくなる、または稀にへこむことがあります。
これらを予防するため、調理後火を止めてからすぐに、一度フタを開けて鍋内に空気を入れてください。余熱効果をご利用の場合は、そこから再びフタをしていただいても十分効果があります。
また、フタと鍋の淵の水滴をふき取っていただくのも効果的です。

ガラスフタ:
熱くなったガラスフタを、決して冷たい水で急冷しないでください。

ステンレス表記について:
フィスラー製品に使用しているステンレスは、ドイツの法規に照らしますと18/10の表記になりますが、日本では、国内の家庭用品品質表示法に基づき、実際のクロムおよびニッケルのパーセンテージを表記しております。

こちらから、取り扱い説明書をダウンロードしていただけます。

※2021年4月5日から本社オフィス移転のため、住所およびFAX番号を変更しております。>本社オフィス移転のお知らせ

 

説明書ダウンロード

ステンレス製鍋の取扱説明書