YOUR STYLE with Fissler | 戻さずゆで豆
自分時間を確保する時短&ストックレシピ
戻さずゆで豆

戻さずゆで豆

乾物を戻さず、その日に調理できるのは圧力鍋ならでは。
ゆで汁をきって冷凍しておくと、さらに便利です。

【加圧時間】

加圧時間
調理時間:15分
下ごしらえから、調理完成までの目安時間です。
圧力調理の場合、加圧時間のほかに圧力がかかるまでの時間、余熱調理として圧力が下がるまでの時間も含みます。※圧力がかかるまでの時間や圧力が下がるまでの時間は、材料の分量が多いほど長くなります。

【材料:作りやすい分量】

大豆1袋(300g)
A小さじ1
4カップ
保存期間

【作り方】

  1. 圧力鍋または厚手の鍋に5カップの熱湯を沸かして火を止め、大豆を入れてフタをし、そのまま1時間おいて粗熱をとる。ざるにあげて水気をきる。

  2. 圧力鍋に合わせたAを注ぎ、1を加え、蒸し器を落としブタ代わりにのせ、フタを閉める。

    戻さずゆで豆工程
  3. 取っ手のロックを確認し、メインバルブを2(中圧)にセットして強火にかける。圧力表示の緑色が見えたら、ごく弱火にし、緑色のラインを保ちながら、8分加圧する。火を止め、フタを閉めたまま、自然放置する。

  4. 圧力表示が完全に下がったら、フタを開ける。

  • ほかの種類の豆をゆでるときも、基本の下処理は同じです。本サイトの「圧力鍋で炊く 基本の豆調理」もご参考にしてください。
  • このレシピは、新しくて状態のよい豆を使用したものです。古くなった豆は、加圧時間を調整するか浸水してから調理してください。
  • 豆類は、水分を含めた分量が鍋の1/3以下になるように、鍋のサイズによって分量を調整してください。