YOUR STYLE with Fissler | 揚げ物調理 基本とコツ
レシピトップ毎日のごはん > 揚げ物調理 基本とコツ
ほっこりおいしい毎日のごはん
揚げ物調理 基本とコツ

揚げ物調理 基本とコツ

●フィスラーのステンレス鍋は底厚構造により保温力に優れているので、揚げ物にも最適。揚げるものを入れたり、揚がったものを引き上げたりしても温度変化が少なく、少ない油で、外側はからりと内側には柔らかく火を通して揚げることができます。

●火加減は油温が適温になるまでは中火、適温になったら弱火~トロ火をキープして揚げる。
油量が少ないので、油温が適温になったかどうかの判断は、下記を目安にしてみてください。

・160℃→油に菜ばし(木製)の先を入れたとき、小さい泡が出てくる(写真1枚目)
・180℃→油に菜ばし(木製)の先を入れたとき、はし先から大き目の泡が激しく出てくる(写真2枚目)


写真1枚目

揚げ物調理 基本とコツ

写真2枚目

揚げ物調理 基本とコツ